通販物流と物流加工の秘密|進化する華麗なる発送の仕組み

案内

アセンブリの依頼

物流

組み立てを意味する言葉にアセンブリがあります。プログラミング言語でも機械語に一番近いということでアセンブリ言語などがあり、また機械が直接理解することが出来るようにするための工程の事をアセンブラと言ったりします。そんなアセンブリは物流加工の現場でも用いられることがあります。物流現場でのアセンブリとは物流段階で組み立て加工を行なう事を指し、アセンブリが必要な加工物として封筒に印刷物を入れたり、パンチングを行ったり、複数枚をセットにするなどの作業があります。アセンブリは思っている以上に用いられる場面が多くあり、物流加工では非常に重要になってきます。単純にアセンブリ加工ができる物流加工工場であれば様々な加工を行うことが可能で、ワンストップで発送を行なうことが出来るようになります。
アセンブリ加工以外には物流加工ではシュリンク包装加工があります。シュリンク包装とはビニールの袋を加工する作業の事を指します。一般的には熱を用いて圧縮する形で綺麗にビニール包装をしていきますが、勿論専用の機械が必要になります。シーラー機などを用いることでシュリンク包装が可能ですが、專門機械なため用意するだけでも大きなコストが必要になってくるでしょう。自社でシュリンク包装をするというよりは物流加工業者に依頼してシュリンク包装もしてもらうという方が効率的な場合があります。アセンブリもシュリンク包装もそうですが、基本は物流の過程で行われるものではありません。本来物流は全てが出来上がった上でものが流れていく過程を指しますが、現在ではより効率的に無駄がないようにするために物流過程で行われることが多くあります。こういった專門の物流加工業者なども多数存在していて、上手く活用することで大幅なコストダウンと無駄を省く事ができるようになります。勿論物流加工業者で様々な加工を依頼してしまうとコストもかかってきてしまいますが、大抵の場合はコスト削減に繋げることが可能になります。